AGAに悩んでいる人は少なくありません。髪型を変えることで目立たなくしたり帽子を被るなどで対策が可能ですが、どうせなら髪を増やしてオシャレしませんか?フィナステリドには高い発毛効果があるので、利用することで抜け毛が目立つ前の状態に戻る事が可能です!フィナステリドの効果や抜け毛の原因について正しい知識を得て、AGA治療に挑戦してみましょう。

赤い薬と男
頭皮

フィナステリドはAGAの治療薬としてよく知られていますが、服用すると高い発毛効果があると言われています。
その効果はDHTの生成を抑制するというものであり、これは変化した男性ホルモンです。
DHTは毛根にあるレセプターと結合することにより、抜け毛を促進させる作用があります。

男性ホルモン自体を無くすことはできませんが、酵素の働きを抑制することでDHTの生成を抑えることはできます。
フィナステリドには皮脂の分泌量を減らすという効果もあります。

フィナステリドの副作用について

フィナステリドは男性にとって気になる副作用のリスクがあります。
きちんと知らないと後悔してしまうこともあるので注意しましょう。
主な副作用のリスクとしては、性機能不全や肝機能障害、精神障害、性器の痛みや痒みなどとなっています。
このような副作用が発生することはほとんどありませんが、チェックしておくのがおすすめです。

フィナステリドと性機能不全の関係についてはまだよく分かっていません。
しかし、この薬を服用してからそのような症状を訴える人がいるということです。
フィナステリドはDHTの生成を抑制する作用があるため、間接的に性機能に影響を与える可能性が考えられます。
使用をやめてからも性機能不全が完治しないということもありますし、使用前にはドクターだけでなくパートナーや恋人にも相談しておくと良いでしょう。

薬というのは肝臓で分解されます。
AGA治療薬は毎日服用することになりますし、それだけ肝機能不全のリスクが高まってしまいます。
健康な状態であっても肝機能に影響が出てしまうこともありますし、もともと肝臓に異常がある場合はさらに注意が必要です。

フィナステリドは男性ホルモンの変化を抑制するという作用があります。
それによって薄毛の原因となるDHTが作られるのを抑えるということですが、ホルモンバランスにも影響するため、精神面にも何らかの影響を与える可能性が考えられます。
男性ホルモンの分泌量を抑えることにより、鬱のような症状が出てしまうこともあります。

副作用として性器に痛みや痒みなどが出てしまうこともあるということです。
これもフィナステリドがDHTの生成を阻害するためであり、男性ホルモンや性器に何らかの影響を与えている可能性が考えられます。
ちなみに、性欲や勃起力などは心因性による部分も大きいため、副作用についてはあまり気にし過ぎないことが大切です。

フィナステリドを含む薬はさまざまな国や会社で作られており、通販などを利用して海外製の薬を手に入れることもできます。
しかし、安易に海外製のものを使ってしまうとリスクが高まってしまうため、基本的には日本製を選ぶのがおすすめです。

日本で認可された医薬品は厳しい検査を受けており、比較的安全に使えると言われています。
通販で購入できる海外製の薬は日本製の薬よりも値段がかなり安く、手軽に購入できるというイメージがあるかもしれません。
しかし、中には偽物や粗悪品という可能性もあります。

フィナステリドを成分としている有名なプロペシア

AGA治療薬のプロペシアは有名ですが、フィナステリドとどのように違うのか知りたいという人もいるでしょう。
薄毛の治療について調べるとどちらもよく名前を見かけるかもしれません。
プロペシアとフィナステリドは同じもののように扱われることもありますが、厳密には異なっています。

プロペシアはフィナステリドという成分を配合したAGA治療薬であり、高い効果が期待できるということで注目を集めています。
この薬はアメリカの製薬会社が製品化したものであり、もともと前立腺肥大の薬として開発されたものです。
しかし、患者の中に髪の毛が増えるという副作用を報告した人がいたため、AGAの治療薬としても研究されるようになりました。

フィナステリドはノコギリヤシという植物から抽出した成分であり、育毛に有効な成分とされています。
天然由来の成分なので副作用のリスクは低いとされています。
プロペシアは内服薬としてAGAへの治療効果が認められた世界初の薬となっており、日本でも正式に医薬品として扱われるようになりました。
クリニックで処方される内服薬の中でも安全性が高く、人気となっています。

プロペシアにはDHTを作り出す酵素の働きを抑制するという作用があります。
DHTはもともと無害な男性ホルモンですが、酵素と結びつくことで抜け毛を引き起こす物質に変化してしまいます。
酵素がなければDHTが生成されにくくなりますし、育毛効果が出やすくなるということです。
AGAの原因となる物質に対して直接的な影響を与えることができるため、効果の出やすい薬と言えるでしょう。

ちなみに、錠剤のプロペシアにはフィナステリドが少ししか含まれていません。
フィナステリドはAGAに効果がある成分ですが、量が多いと副作用のリスクが高まってしまいます。
少ない量でも薄毛や抜け毛に対してきちんとした効果を実感できますし、安心してAGAの治療ができるでしょう。

プロペシアは正しい方法で使用すれば安全な薬と言われています。
しかし、間違った方法で服用すると副作用のリスクがあると知っておきましょう。
専門のクリニックで処方してもらえばメリットだけでなくデメリットやリスクについても説明してもらえます。
薬の特徴をきちんと知ってから治療を開始するのがおすすめです。

妊婦はフィナステリドに触れてはいけない

AGAの治療薬はいろいろありますが、フィナステリドは高い効果が期待できます。
AGAの原因となるDHTの生成を抑制することができますし、抜け毛を抑えてくれるということです。
AGAの治療薬として日本でも効果と安全性が認められており、治療に使われることが多くなっています。
この薬は成人男性向けに作られており、女性の使用には向いていません。

女性がプロペシアを飲んではいけないという話を聞いたことのある人は多いでしょう。
この薬は安全性が高いため、女性が飲むこと自体が危険なわけではありません。
しかし、女性の薄毛に対しては効果がありませんし、わざわざ飲む必要もないでしょう。

女性の体内でも男性ホルモンは分泌されており、男性と同じように薄毛になってしまうことはあります。
しかし、女性の場合は女性ホルモンの作用が強いため、男性のように薄毛が目立ってしまうことはないとされています。

妊婦の場合は飲んでいけないというだけでなく、触れることも禁止されています。
妊婦がフィナステリドに触れると成分が皮膚から体内に入り込み、胎児に移動してしまうということです。
コーティングされた錠剤なら問題ありませんが、割れたり砕けたものは危険とされています。

DHTはAGAの原因ですが、妊婦の胎内では重要な働きをするということです。
男の胎児はDHTの作用を受けて生殖器が発達すると言われており、フィナステリドによってDHTの作用が低下した場合、胎児の細胞が分化するのを妨げてしまいます。

そのため妊婦がフィナステリドを服用したり触れた場合、男の胎児の生殖器が正常に発達せず、奇形児になってしまうリスクがあるということです。
このような機能不全が起こってしまうと取り返しのつかないことになります。
妊婦や妊娠の可能性がある場合、奇形児のリスクを避けるため、フィナステリドを飲んだり触ったりしないようにしましょう。

男性がプロペシアを服用していると精液にも成分が移ります。
しかし、その量はわずかなので胎児への影響はないと言われています。
もちろんわずかでも成分が移ることは分かっており、胎児への影響が全くないとは言い切れません。
奇形児のリスクを軽減したいという場合、子供が欲しいと考えている男性は1~3ヶ月前からフィナステリドの服用を中止するのがおすすめです。