AGAに悩んでいる人は少なくありません。髪型を変えることで目立たなくしたり帽子を被るなどで対策が可能ですが、どうせなら髪を増やしてオシャレしませんか?フィナステリドには高い発毛効果があるので、利用することで抜け毛が目立つ前の状態に戻る事が可能です!フィナステリドの効果や抜け毛の原因について正しい知識を得て、AGA治療に挑戦してみましょう。

赤い薬と男
  • ホーム
  • フィナステリドとミノキシジル併用で効果が上がる

フィナステリドとミノキシジル併用で効果が上がる

薬をもつ人

AGAの治療ではフィナステリドとミノキシジル(ロゲイン)を併用することが多いです。
同時に使用することで相乗効果が得られますし、効率よく薄毛や抜け毛の悩みを解消できると言われています。
フィナステリドとミノキシジルは、アメリカの公的機関で発毛効果があると認められた成分です。
実際にこの2つを併用したことにより、高い効果を実感できたという人も多いです。

フィナステリドは抜け毛を防ぐという成分であり、ミノキシジルは発毛効果のある成分です。
そのため2つを併用することで発毛効果を高めることに繋がります。
どちらか片方しか使用していない場合は効果も低くなってしまうでしょう。

フィナステリドとミノキシジルはどちらも薄毛を改善するために重要な成分です。
しかし、成分の作用の仕方は全く異なることを知っておきましょう。
基本的に薬は同じ効果のあるものを重複して投与することはありません。
なぜなら同じ効果の薬を重複して投与すると副作用のリスクが高まるためです。
しかし、作用機序が異なる薬の場合、体への負担が少ないので併用されることがあります。

AGAの治療で使われるフィナステリドとミノキシジルも併用することで良い効果が得られることが分かっています。
フィナステリドには酵素の働きを抑制する効果がありますし、男性ホルモンがDHTに変化するのを防ぐことができます。
それによって少しずつ正常なヘアサイクルを取り戻すことができますし、成長期が伸びることで太い毛がしっかり伸びるようになります。

ミノキシジルにはフィナステリドの働きをサポートするという役割があります。
毛根に続く毛細血管を拡張して血流を増やすことができますし、新しい毛細血管を作り出すという働きもあるということです。
そのため髪の毛の成長に必要な栄養素をきちんと毛根まで届けられるようになります。
フィナステリドとミノキシジルを併用することで相乗効果が生まれますし、気になる薄毛や抜け毛を改善できるということです。

ミノキシジルの効果と副作用について

薄毛や抜け毛で悩んでおり、ミノキシジルという成分が気になっている人もいるでしょう。
この成分の配合されているロゲインなどの育毛剤を使いたいという場合、まずはその効果や副作用についてしっかり知っておくことが大切です。

ミノキシジルにはまず、血管を拡張して血流を良くするという効果があります。
これはもともと高血圧用の薬として作られたためであり、健康な髪の毛を保つためには血行の良さが大切です。
髪の毛は血液によって栄養素を運んでもらうことにより、太くしっかりと成長していきます。
頭皮の血行が悪いと栄養素が不足してしまいますし、きちんと成長できずに途中で抜け落ちてしまうこともあります。
そのため血行を促進することが大切です。

ミノキシジルには毛乳頭を刺激するという効果もあります。
毛乳頭細胞とは髪の毛の成長に大きく関わっている部分であり、ここから分泌される成長因子によって髪の毛は成長しているということです。
ミノキシジルは毛乳頭細胞を刺激してくれますし、成長因子の分泌を促進するという効果もあるため、薄毛が進行した部分にも新しい髪の毛を生やす効果が期待できます。

ミノキシジルを配合したロゲインを使う場合、副作用についても確認しておく必要があります。
主な副作用としては、頭皮の赤みや痒み、かぶれ、頭痛などとなっています。
このような副作用のリスクはかなり低いとされていますが、起こってしまう可能性もあることを理解しておきましょう。
気になる場合や不安がある場合はドクターにきちんと相談してから使い始めるのがおすすめです。

ロゲインは世界中で多く使用されていますが、日本の薬局やドラッグストアでは販売されていません。
そのため購入したい場合は専門のクリニックなどに行ってみましょう。