AGAに悩んでいる人は少なくありません。髪型を変えることで目立たなくしたり帽子を被るなどで対策が可能ですが、どうせなら髪を増やしてオシャレしませんか?フィナステリドには高い発毛効果があるので、利用することで抜け毛が目立つ前の状態に戻る事が可能です!フィナステリドの効果や抜け毛の原因について正しい知識を得て、AGA治療に挑戦してみましょう。

赤い薬と男
  • ホーム
  • フィナステリドを含んでいるジェネリックも効果は同じ

フィナステリドを含んでいるジェネリックも効果は同じ

病院

男性が薄毛の治療をするときに高い改善効果が認められている成分であるフィナステリドですが、クリニックで先発医薬品を処方してもらうと費用が高額になります。
服用を中止すると効果が失われてしまう成分なので使い続ける必要があり、少しでも費用の負担を抑えたいですが、このときに役に立つのがジェネリックです。

ジェネリックは先発医薬品の特許が切れた薬品を有効成分は同じままでコーティング剤や形状を変更するなどして飲みやすいように工夫を加えた薬のことです。
製造元が異なりますが、有効成分が同じなので基本的に同じ効果が期待できます。

正確に言えばコーティング剤の違いなどがあり、全く同一のものではありません。
吸収速度等も差が出ないように検証は行われていますが微妙な違いはあります。
命にかかわるような重篤な病気に使用する場合はこの僅かな差が大きな問題になりますが、薄毛の治療に使用するフィナステリドは吸収速度の違いが命にかかわるものではないのでジェネリックでも先発医薬品と同じように使えます。

実際に薄毛に悩む男性に使われることが多く、効果が出ないなどの不満も出ていません。
有名なフィナステリドを含むジェネリックにはフィンペシアやエフペシアがあり、ネット通販で格安で購入できるので人気です。

厳密には先発医薬品の特許はまだ切れていないので、これらのジェネリックと呼ばれている薬はその定義から外れています。
製薬会社のあるインドが物質特許を認めていなかったため、製法が異なっていれば特許が切れる前でも製造が許可されていたことによります。
ただし、有効成分が同じであり、製薬会社もインドの大手で様々な薬を取り扱っているので、安全性に問題はありません。

なお、有効成分が同じであれば効果だけでなく副作用も同じであるため、使用方法は守る必要があります。
フィナステリドは過剰に摂取すると副作用が発生する危険性の高くなる薬なので、異常を感じたときは使用を中断して医師に相談しましょう。

ジェネリックだと安くて手軽に服用できる

ジェネリックは薬の開発にかかる費用が不要になり、効果の分かっている成分を特許料を支払わずに利用して薬の製造ができます。
この費用の削減分が薬の価格に反映されるので先発医薬品と比較して大幅に安くなるのが特徴です。

厳密にはフィナステリドのジェネリックではないフィンペシアやエフペシアもこの特徴は同じなので格安で利用できます。
ネット通販で価格には違いがありますが、安いところを利用すると先発医薬品の10分の1程度の金額で購入できるので、継続して利用しやすくなります。

ネット通販で購入するときは安さだけでなく信用性も確かめてから利用しましょう。
基本的に信用性の高いネット通販であれば利用者が多く、海外から大量に仕入れるので輸送費が削減されるため、信用性を重視したことで割高になる心配はありません。

ただし、ネット通販で送られてくる薬の成分を抜き打ちで調査したところ、記載されているものとは異なるものであることも少なくないという結果が出ているので極端に安すぎると偽薬などを送られる危険性があります。
成分の分からない薬を服用するのは非常に危険なので、信用性を最重視する必要があります。

ネット通販が不安であればこれらの薬をクリニックで処方してもらえると安心ですが、正式なジェネリックではないことが問題になり、効果や安全性は同じでも国から認可されていないので取り扱っていないクリニックが多いです。
しかし、未認可の薬も治療目的である、効果があると立証されている、患者に薬の説明をして承諾を得ている、の条件を満たしていれば処方できるので、AGA専門クリニックでは扱っていることもあります。
診察費がかかりますが、通院可能であれば検討しても良いでしょう。