AGAに悩んでいる人は少なくありません。髪型を変えることで目立たなくしたり帽子を被るなどで対策が可能ですが、どうせなら髪を増やしてオシャレしませんか?フィナステリドには高い発毛効果があるので、利用することで抜け毛が目立つ前の状態に戻る事が可能です!フィナステリドの効果や抜け毛の原因について正しい知識を得て、AGA治療に挑戦してみましょう。

赤い薬と男
  • ホーム
  • AGAになるのは遺伝が関係しているの?

AGAになるのは遺伝が関係しているの?

頭皮に心配する男

AGAは、男性ホルモン型脱毛症という意味の英語AndrogeneticAlopeciaを略した言葉で、生え際から頭頂部にかけての部分に集中して発症するのが特徴です。
これは、この部分の毛根内部にII型5αリダクターゼが存在していることと関係しています。
何故ならAGAの原因物質のDHTは、この還元酵素が男性ホルモンのテストステロンを変換することで作り出されるからです。

ただし、DHTはAGAを引き起こす原因物質ではありますが、実は全ての人の体内に存在しています。
にもかかわらず日本人男性におけるAGAの発症頻度は約30%と半数未満で、発症しない人が過半数を占めているという状況です。
つまり、DHTが作り出されたからといって必ずAGAが発症するわけではないということです。

それではAGAはどのようにして発症するかというと、生え際から頭頂部にかけての毛乳頭細胞内に存在するアンドロゲンレセプターが鍵を握っています。
このアンドロゲンレセプターがDHTと結合すると脱毛因子のTGF-βが誘導されてヘアサイクルが狂い、本来であれば数年間は続く成長期が半年から1年程度にまで短縮されます。
すると髪の毛は太く長く成長出来なくなるので、短い状態のままで抜け落ちてしまうのです。

つまり、アンドロゲンレセプターとDHTが結合するかどうかが発症を左右するポイントとなっているのですが、これは母方から受け継ぐ男性ホルモンレセプター遺伝子の多型により決定されます。
このために、母方の祖父がAGAの場合は自身も発症する確率が高いということになります。

一方、5αリダクターゼの分量は優性遺伝により決定するので、父方から引き継ぐ可能性があります。
ちなみに、男性ホルモンレセプター遺伝子の多型と5αリダクターゼの優性遺伝の両方を受け継いでいた場合は、DHTが多く生産されるうえにアンドロゲンレセプターと効率よく結合するので、通常よりも早く進行する若ハゲと呼ばれる状態となります。

生活習慣改善で若ハゲを防止

AGAは、遺伝と密接な関係があるので発症すること自体を自力で防ぐのは困難です。
ただし、原因物質のDHTは飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れが原因で増加するので、これらを見直すことにより多少は進行を緩やかにすることは可能です。
これは、特に若ハゲと呼ばれている若年性脱毛症の人にとっては有効です。

ちなみに、AGAはDHTの生産量と関係しており、そのもとになる材料のテストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降に徐々に進行します。
日本人男性におけるトータルでの発症頻度は約30%で、年代による内訳は20代10%・30代20%・40代30%・50代以上は40数%と年齢を重ねるにつれて割合は高くなっていきます。
なお、20歳代の後半から30歳代にかけての時期に著明になるのが一般的で、若年性脱毛症とはこれよりも早いものが該当します。

つまり、20代の後半を迎えるまで髪の毛が顕著に薄くならなければ、若ハゲと呼ばれずに済むということで、とりあえずの目的はこの年代まで進行しないようにするということです。
具体的な対策としては、DHTが過剰に生産されるような行動を慎むということで、禁酒や禁煙、適度なスポーツをおこなう、良質な睡眠をしっかりとるなどが有効です。

さらに、これらに加えて食生活の改善に取り組めば効果は倍増します。
特に有効なのが、豆腐や納豆、豆乳などの大豆系食品です。
何故なら、これらには女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似している大豆イソフラボンという成分を含んでいるので、AGAの原因物質DHTの生産量自体を抑制するという効果を期待できるからです。
特に納豆には亜鉛やナットウキナーゼという有効成分を含んでいるので、若ハゲを防止するのに有効です。